かかとゴムの役割

かかと靴にとって、かかとゴムの役割は非常に大きなものになってきます。そこの部分を考えると、普段歩いている場所にある凸凹を吸収するのが役割です。凹凸があることによって、足の裏に負担がかかるようになるのですから、重要なポイントになるでしょう。衝撃の吸収も大切な意味があります。歩いているときには、自分の体重もかかりますし、衝撃も出てきますが、しっかりと吸収することで、疲れも感じにくくなるのもかかとゴムの役割です。さらに、安全に歩くというところでも、足を保護してくれています。ヒールのように靴自体を守る意味もあり、バランスもとるため、足の疲労も下げてくれるようになるでしょう。

かかとゴムに使われている素材は、どうしてもなじむことが求められますので、摩耗していってしまいます。ヒールでもだんだんと減っていっていることがわかりますし、ローファーなどでも減っているのが目に見えてわかるようになるでしょう。それだけ使ってあげているということになるのですから、目立つようになったら、靴修理で早めに交換するのがポイントです。かかとゴムがなくなってしまってからでは、靴本体にダメージを与えてしまうことになりますので、それだけ傷めてしまうことになるでしょう。

 

かかとゴムの重要性

かかと靴のかかとゴムは、ポリウレタンやナイロンなどで作られていることがほとんどです。丈夫な素材を使っていることも多くみられますが、柔らかさも必要になってくるため、どうしても摩耗してしまいます。外れてしまっては困ることから、ヒールなどには金属ピンが仕込まれており止められていることもあるのですから、素人では容易に修理ができません。ローファーなどでは、金属ピンではなく釘でとめられていることもあります。すり減ってきて、金属音がするようなこともありますが、こうなると交換しなければいけないサインのひとつともなってくるでしょう。早めに靴修理に出して、元の状態に戻してあげることが、大事な靴を守るポイントにもなってきます。

かかとゴムを直すことは、姿勢にも影響することを忘れてはいけません。本来しっかりと歩くためのパーツがすり減ってくれば、靴を履いたときの高さが異なるようになります。左右で同じように減ったとしても、角度は狂ってくることになり、姿勢が悪くなることがあるでしょう。ヒールなどでは明らかに高さが違うことも出てきます。こうなると、歩いていても不自然ですし、負担ばかりが増えることになるのですから、靴修理業者に依頼をし、早めの修理がポイントになるのです。

大事な靴の靴修理

歩く気にいっている靴は、とても大切な存在です。長く使っていきたいものでもあるのは、歩くときの負担が全く異なってくるのが大きいでしょう。履きなれた靴は、自分の足の一部のようになってくれますので、安心して歩くことができるようになります。ところが、履きなれていないものでは、靴ずれができてしまったり、疲労感が出てきたりするデメリットがあります。何よりも、歩くのがつまらなくなってしまうでしょう。デザイン的に気に入っているということも出てくるはずです。服装に合わせて購入したのにもかかわらず、履くことができなくなれば、これは一大事になってしまいます。だからこそ、壊れてしまったときには、靴修理ということが重要になるのです。

靴修理というところでは、今ではさまざまなグッズが販売されており、自分で治せるようになってきているでしょう。消耗品ともいえるかかとゴムなどもパーツが販売されて自分で治せるようにもなってきています。ですが、それで満足できる出来上がりになるかどうかが問題です。靴修理とは何かといえば、自分の履き心地も変えずに元に戻すところに意味が出てきます。逆に履き心地が変わってしまえば、そもそも修理の意味がなくなってしまうでしょう。

靴修理には、かなりの技術が必要です。壊れてしまったときに、フィーリングを変えないためにも専門職の技術を利用するのがポイントになってきます。どんなことをするのか、かかとゴムの役割も含めて参考にしてみてはいかがでしょうか。